電卓

手形割引や社内システムを活用しよう!売上UP大作戦

上手く利用する

お金

倒産確率とは、大手リサーチ会社が提供する予測ツールで、統計的な手法によって、1年以内に倒産する確率がどの程度あるかを予測します。一方では倒産リスク指標とも言います。

Read More

業務効率アップ

情報

仕事をする上で、他部署との連携や同僚や上司・部下との連携は必要不可欠となっています。その時に活躍するのが情報共有システムです。システムを活用することによって、業務も円滑に進めることができるのです。

Read More

信用度が問われる

手形割引は振出人を銀行がチェックします

女性

手形割引は手形を担保にした融資と同じであって、銀行などの金融機関は手形割引では振出人の信用力を最も重視します。不渡を出す懸念の少ない振出人であれば手形割引をしても問題ないからです。 上場会社やそれと同等の大企業の場合には手形の振出人としての信用力は極めて高いと言えます。銀行では、手形割引の際に振出人の信用力をチェックしています。 非上場会社であっても、信用情報を銀行は保有していますので、それを参考にして手形が決済されて不渡にはならない可能性を検討します。不渡になる懸念が高いと判断すると手形割引はできなくなります。銀行には、融資取引のある企業は当然のことながら、取引がない企業の情報も蓄積されているのです。

銀行が慎重になった手形の振出人とは取引条件を見直すこともできます

銀行に手形割引を依頼して断られた場合には、その手形の振出人は信用力の乏しい企業であるということが分かります。取引先の信用度が低いのであれば、それ以降は手形での取引を見直すこともできます。手形のサイトを短くするように交渉することもあり得ますし、前金を増やすように交渉することもあり得ます。 得意先ではあっても、銀行が信用力に不安を抱いている取引先であれば、取引条件を抜本的に見直すように交渉することも可能になる場合があります。手形割引を銀行に依頼して、断られることは歓迎すべき事態ではありませんが、その情報を有効に利用して、割引を断られた銘柄について、取引条件を見直すことによって、回収不能のリスクを軽減できることもあります。

利益を生み出す

お金

企業が利益を上げる為にも、できるだけ普段の売上をアップさせる必要があります。特にシステムの活用は重要で、高性能のシステムを導入することによって業務をスムーズに進めることができるのです。

Read More