男性

手形割引や社内システムを活用しよう!売上UP大作戦

上手く利用する

倒産確率の算出手法について

お金

あるリサーチ会社の手法は、まず、倒産を決定づける主な要因を5つ決定します。 例えば、売上高、当期純利益、経常利益率、債権回収率、従業員数、業界の伸び率などを前年あるいは過去3年の比較で、どの程度プラスかマイナスかによって得点付けし、100点満点で1点なら倒産確率はおよそ10%、99点なら0.01%以下であるという具合に倒産確率を算出します。 要因の選び方は業種や企業規模によって異なりますが、同じ倒産確率を示す会社は、業種や企業規模に関わらず、同程度の確立で倒産する危険性があると判断します。

倒産件数の推移と原因

企業の年間の倒産件数を見ると、過去10年以上において1万件から1万5千件に及んでいましたが、2014年はかろうじて1万件を下回りました。 企業が倒産する原因があるのと同様に、倒産件数が減少した要因があります。 例えば、2014年については、中小企業に対する融資額の増加と貸付金利の低下があげられます。また、円安基調によって、輸出を主とする企業にはプラスになっています。 その一方で、倒産のリスクがなくなったわけではありません。 例えば、消費税の増税によって、消費者の節約や投資控えが解消されたとは言えません。また、円安によって、海外からの原材料を輸入している企業や燃料を使用する運輸業には、コストをいかに押さえるかが重要な要因になります。あるいは、自社の売上が好調でも取引先が不調の場合に煽りを受ける可能性もあります。 つまり、倒産のリスクは自社の業績だけでなく、同業他社や日本全体を常に見ていないとならないのです。